再生医療(細胞療法)ってどんな治療?

 『細胞療法』とは、自身や他の動物の細胞を体外で増殖・活性化させ、その細胞を身体の中に戻し自己治癒力を高め、怪我や病気を治療したり、がん細胞を攻撃させ、再発・転移・進行等を抑える治療法です。

 当院でおこなえる細胞治療は 幹細胞療法(かんさいぼうりょうほう)樹状細胞細胞療法(じゅじょうさいぼうりょうほう)・活性リンパ球療法(かっせいりんぱきゅうりょうほう)の3種類の療法です。

 幹細胞療法について

 

 【幹細胞(かんさいぼう)】とは、動物の自己治癒能力を担っている細胞のひとつで、日常的に怪我や病気を自己修復しています。

 この細胞には「あらゆる性質の細胞に変化することができる」「組織を修復する為の物質を出すことができる」「炎症・損傷の起きている部位に集まる」という性質があります。炎症や損傷などの治療が必要な部位に自主的に集まり、治療を促進してくれるのです。このような特技から「小さなお医者さん」と呼ばれることもあります。

 ◇幹細胞◇

 ◇幹細胞療法◇

 【幹細胞療法(かんさいぼうりょうほう)】とは幹細胞を体外で増やし、体内へ戻すことで自己治癒能力を高め、怪我や病気を治療することを目的としています。また、副作用も少なく安全な治療です。

 ◇主な対象疾患◇

●椎間板ヘルニア・脊髄梗塞・脳梗塞・認知症 などの神経疾患

●乾性角結膜炎・炎症性腸炎・溶血性貧血 などの自己免疫疾患

●骨折癒合不全・関節炎・靱帯損傷 などの整形外科疾患

●角膜潰瘍・進行性胃網膜萎縮症 などの眼科疾患

​●その他(腎臓疾患・肝臓疾患 など)

 ※これらの疾患に対して、症状の緩和・患部の修復を促す治療であって、リハビリやその他薬剤などの治療と
​  併用していくものです。幹細胞療法だけで完全な治癒を保証したものではありません。

 ◇治療の流れ◇

①麻酔下で​ビー玉大の患者の脂肪を採取

 ※全身麻酔での処置となりますので、状況により、当日~数日は入院が必要となります。

​ ※麻酔をかけられない場合や十分な脂肪を確保できない場合は、同種動物の脂肪を使用する場合もあります。

②採取した細胞から幹細胞を2週間かけて抽出・培養する

​ ※細胞の増え方によっては2週間以上かかる時もあります。

③増やした幹細胞を点滴で患者の体内に戻す

 ※投与(点滴)にはおおよそ30分~1時間かかります。

 ※基本的には日帰りの処置ですが、状況によっては1日~数日入院をお勧めすることもあります。

④残した幹細胞を1週間かけてさらに培養する

で再培養した幹細胞を点滴で患者の体内に戻す

④~⑤の行程を再度行う

 

 基本的に採取した脂肪細胞から培養できるのは3回までとなりますが(培養をくり返すたびに細胞の機能が低下するため)、培養した細胞を一部凍結保存し、3回以降も治療を受けられる場合もあります。

 樹状細胞療法について

 血液中には樹状細胞やTリンパ球という【免疫細胞】があります。​これらの免疫細胞はがん細胞や体内に侵入したウイルス・細菌を攻撃し、死滅させる力を持っています。

 このような免疫細胞の攻撃力を強めたりすることで、がんの再発・転移・進行を抑える治療方法が【樹状細胞療法(じゅじょうさいぼうりょうほう)】です。

 免疫細胞の一種の【樹状細胞(じゅじょうさいぼう)】はがん細胞を攻撃する兵隊(Tリンパ球)の教育係を担っています。

 樹状細胞にすりつぶしたがん細胞を取り込ませ、がんの目印をつけます。目印の付いた樹状細胞は、兵隊(Tリンパ球)に敵(がん細胞)を教えます。これにより、Tリンパ球はがん細胞を認識し、特異的に攻撃をすることができるのです。

①患者から麻酔科でがん細胞を採取&​​血液を10~15ml採取

②採取した血液から樹状細胞とリンパ球を回収

③回収した樹状細胞とリンパ球に薬剤を加え、細胞の活性化・増殖をさせる

④樹状細胞にすりつぶしたがん細胞を加え認識させる

⑤がん細胞を認識した樹状細胞は洗浄し、がん原発部位やリンパ節に注射で患者の体内に戻す

⑥活性化し増殖したリンパ球は洗浄し、点滴で患者の体内に戻す

 ◇免疫細胞◇

 ◇樹状細胞◇

 ◇樹状細胞◇

 ◇治療の流れ◇

046-252-4700

さとう動物病院
〒252-0024
神奈川県座間市入谷5-1988-1

 

平日・土曜 9:00am~12:00pm

3:30pm~7:00pm  

日曜・祝日 9:00pm~12:00pm

休診日   水曜日                     

Copyright©Sato Animal Hospital All Rights Reserved.

【各種募金箱設置しています】
■災害により飼い主さんと一緒に暮らせなくなった動物達のための医療費
■(公社)日本動物福祉協会
 ■(公財)日本盲導犬協会
■WWF